2015年05月18日

わたしにできること

某アニメのオープニングとは関係ありません。

少し前になりますが、「小説家になろう」のIDを取得しました。
それと、twitterをはじめました。

「小説家になろう」に登録したのは、自分が作品を発表したいというよりも、応援したい作家さんを見つけたからです。
読むだけなら別に登録はいらないのですが、評価したり感想を送りたいと思った場合には、登録が必要なようなので。
ただ、「新しいことをする」というのは意外に気力のいるもので、「やろう」と思いつつもけっこう長い間ためらっていました。

が、その応援したいと思っている作品が、「第三回エリュシオンライトノベルコンテスト(なろうコン)」の二次選考に残っていることに気づき、重い腰を上げ、ID登録して感想を書きにいきました。
どれほどの効果があるかはわかりませんが、目に見える形で支持を表明することによって、プラスになればと思ったからです。
正直、感想を送るのはとても怖かったです。
何か失礼をしでかしたり、重すぎるものをぶつけてしまって、先方の気持ちを損ねたり、やる気を殺いでしまったりしたら本末転倒です。作者さんに「この作品を書いてよかった」と思っていただくのが、一番の目的なので。

応援したいと思った作品は右さんの「図書館ドラゴンは火を吹かない」です。

「なろうコン」の最終選考に残った作品は書籍化されます。つまり、あと一段階残れば、出版社が出す紙の本になって一般の書店に並ぶことになります。
読む側としてもそれはとても嬉しいことなのですが、書き手さんにとっては、非常に意味のあることであるはずだと思います。
本屋に並んでいる「本」になることによって、普段ウェブ小説を目にしない人間でも手に取る可能性が出てきます。
それに何よりも、書籍化して売れれば、「対価」が入ることになります。

作品を生み出すのは、非常な時間と労力を必要とします。
持続して書き続け、ひとつのものを仕上げるのは、実はとても大変なことです。
でも、「趣味」として行っている限り、そこに対価は一切発生しません。
書籍化されたからといって、それだけで「食っていける」状態になるとは限りませんが、少なくとも無償の行為ではなくなるはずです。

昨日、「なろうコン」の結果が出て、「図書館ドラゴンは火を吹かない」(以下「図書ドラ」と省略)は残念な結果になっていました。

言うほどゆとりのある生活を送っているわけでもないので、あまり「なろう」の作品全般に目を通せているわけではありません。
なので、他の候補作と比較してどうなのかは言えないのですが、私の今までの読書体験のなかで判断してみて、「図書ドラ」は十分に魅力ある作品だと思うし、私なら対価を払って買う作品だと思います。

書籍化する側としては、「売れるか否か」が問題であるだろうと思います。
でも、一般的に売れるだろうと見込まれる作品が、必ずしも「私」の求めるものと合致しているとは限りません。
では、読み手として、何ができるのだろう。
そう考えて、次の結論に到りました。

心ひそかにひっそり楽しんでいるのではなく、「ここに需要がある」ということを見える形で表明しよう。

というわけで、twitterもはじめてみることにします。

うちのサイトやブログなど、最果ての地もいいところです。
集客力のあるコンテンツはありませんし、更新頻度も低いです。

それに比べると、twitterのようなSNSは、人目に触れる確率も高く、情報の拡散能力がずっと優れています。
実際、私自身も「図書ドラ」はtwitter経由で読むようになりました。

ただ、拡散能力に優れているだけに、使い方を間違うと恐ろしいことになりそうで、今まで手を出すのを控えていました。
諸刃の刃というか、考えなしに変なことしでかしたりしたら、応援どころかかえって先方にダメージを与えることになってしまいます。
自分がSNS中毒になりそうなのが不安だというのもあります。

たぶんそんなに頻繁に発言できないだろうし、相変わらず閉じた輪の中で過ごしてしまうかもしれません。
でも行動を起こさなければ、思いはあっても何も変わらないでしょう。
小さなものでもいいから、アクションを起こしてみたいと思いました。


posted by 霧原真 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

FF14・キャラメイキングを楽しむ

久々にファイナルファンタジー14のサイトをのぞいてみたら、拡張パッケージ「蒼天のイシュガルド」仕様のベンチマークがありました。
とりあえずダウンロードして、新種族のキャラクターメイキングを試してみたりしていたら、半日くらい潰れてしまいました。

以下、スクリーンショットを貼り付けていきます。
ゲームのスクリーンショットとゲームに関する与太話なので、興味のない方はスルーしてくださいませ。

続きを読む
posted by 霧原真 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

最近本が読めていない

少し前に、昔の自サイトのデータをほじくり返していました。
その時に思い出したのですが、以前は読書日記をつけたりしていたようです。当時のログが残っていました。
まあ、日記的なものを継続させるのが微妙に苦手なので、それほどたくさんは書いていなかったようですが。
とはいえ、当時どんな本を読んでいたのかを思い出すことができ、なかなか面白かったです。

ここ近年、本気で読書量が減ってしまいました。
大学時代くらいまでは、けっこう本を読むほうの人間だと思っていたのです。
まあ、当時はまだ若くて、いわゆる読書家の方がどれくらい読んでいるのかを知らなかっただけかもしれませんが。
通学・通勤に電車を利用していたり、授業や仕事の合間にお昼休みという時間帯が存在していた時は、そういう時間を読書に当てることができていたのですよね。
今はそういった時間がなくなってしまったので、読書用に時間を捻出しないとならなくなりました。
そういった事情も、影響しているのかもしれません。

特に最近は、本を読めていません。
図書館で借りた本も、結局読まないまま返却してしまったり。
新刊で買った本はかろうじて読んでいますが、古本で買った本はそのまま積読の山に……
仕事と最低限の家事をするだけで、結局一日終わっていたり。

まあ、「できていない」というようなネガティブ思考は、ろくなことになりません。
どうしても読みたいものはたぶん読んでいるはずだし、時間が取れていないなら取れるようにしていけばいいのだから。

実はここのところ、心身ともに少々不調だったのですが、どうも「やらなければならないのにできていない」と思いこんでしまっているのがストレスになり、調子を崩していたようです。
気がかりだったことの1つがどうにか解決したら、少し元気になれました。

とりあえず今日は、返却期限が過ぎた図書館の本を返し、長くてうっとうしかった髪を切りに行き、冷蔵庫の中で干からびていた脱臭剤を捨てて新しいのと交換しました。
うん、ちょっとすっきり。
少しずついろいろ片付けていこう。
posted by 霧原真 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

昔のコンテンツを発掘

簡単でいいから頻繁な更新を心がけるようにしようと思います。

前回話題にしていたアニメ「アルスラーン戦記」ですが、最新話ならネットで無料配信をしていることに気づき、さっそく見てきました。
コミック1巻の内容そのままっぽかったですねー。楽しく見てました。

さて、表題です。
昔、自サイトに載せていた記事などが発掘できました。
その昔PCを新しいものに買い換えたとき、CD-Rに焼いてあったようです。
10年前くらいの話なので、データの保存先がCD-Rなんですね。非常に懐かしい……
久々に読んでみたら、若気の至りゆえの痛々しさもあるものの、けっこう力が入っていて楽しめました。
今、同じものを書く気力はないかもしれない……
このまま埋もれさせておくのももったいないような気がしたので、多少手直しして、近日中に再掲載しようかと思います。
オウガバトル・サーガの紹介記事などの、ゲームの紹介・感想・攻略法を扱ったものをアップする予定です。
posted by 霧原真 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

ご無沙汰してしまいました

ぜんぜんブログを書かないまま、時間が過ぎていました。

聖戦二次創作サイト用とこちらとにブログを分けたとき、こちらは身辺雑記(日記的なもの)と日々雑感(エッセイ的なもの)を中心に、あちらは二次創作の更新情報を中心に、と、考えていたのですが、しょっぱなで気負い過ぎて、やたら硬い文章を載せてしまい、後が続かなくなっておりました。
もっと気楽にいこう……。

年度も改まったことですし、日々の話題などを中心に、ちょこちょこ書いていくことを継続させられるようにしていきたいです。

あまり情報を仕入れていなかったので気づいていなかったのですが、今日から荒川弘さん版「アルスラーン戦記」のTV放送が始まっていたのですね。見損ねました。
「アルスラーン」は高校時代に小説を読んで、とても好きだったのですが、未完のまま年月が重なり、すっかり離れてしまった作品です。マンガ化・アニメ化はどこまで物語を進められるのでしょうか。
どうも、長年未完のままの作品だと思うと、何となく引っかかるものがあり、素直に楽しめなくなっています。
続きを読むのも今更なので、もう「王都奪還」が最終巻だったのだと思うことにしようかとすら考えたりも。そうすれば心置きなく楽しめそうで。
そういえば、「タイタニア」も最近になって完結したらしいですが、こちらも読んでいないです。
うーん……。
posted by 霧原真 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。