2015年11月23日

秋のベランダ

前回の更新から随分と間が空いてしまいました。

久々にベランダ園芸の写真が撮れたので載せておきます。

IMG_5228_1.jpg
今、たぶん一番元気なのがこのビオラ。ペニー ホワイトジャンプアップという品種です。
11月の頭あたりにうちに来ました。
ビオラはもう一鉢あるのですが、そちらはまだあまり開花していません。
春になってからが本番なのかも。

以下、秋から育てている花や、どうにか夏越しできた花を。
写真多めなので、たたみます。

IMG_5231_1.jpg
バコパコピア。大輪種のバコパです。
白・ピンク・紫のものを混植しているのですが、どうも白が一番元気で紫が押され気味。
ほぼ同じ品種に見えても花色などによって強弱が出てしまうのは、けっこうよくあることのように感じます。原種に近いものの方が強いのだろうかなどと勝手に考えていますが、実際どうなんだろう。

IMG_5235_1.jpg
ハナアブ?(たぶん)がかわいかったので、バコパの写真をもう一枚。
こういう構図だといかにもいい香りがしそうに見えますが、バコパはどちらかと言えばくさいです。
枝を折ったりすると、青臭い系統の何ともいえないにおいが漂います。かわいくて丈夫な植物ですが、あのにおいは好きになれない。

IMG_5226_1.jpg
白バラのアイスバーグ。
どうにか夏越ししたものの、けっこう暑気あたりしてしまったらしく、だいぶやつれています。
開花してから時間が経っていることもあり、ちょっと元気がないですね。

IMG_5237_1.jpg
カリフォルニアローズ フィエスタ アップルブロッサム。
名前のせいで紛らわしいですが、バラの仲間ではなく、インパチェンスの園芸種。
春~夏に楽しんだ後、夏越しに失敗してさようなら、ということが多いのですが、今年は夏越ししてくれました。夏バテの後遺症+肥料切れであまり元気ではありませんが、発色も花数も悪くないような。夏場はろくに咲かなかったのに、なぜか今頃本気モードっぽいです。

IMG_5240_1.jpg
エボルブルス(アメリカンブルー)。
こちらも夏越し組。真夏はさっぱり花を咲かせなかったのに、11月に入ってからやたら開花しています。ブルーの花が好きなので嬉しいです。しかし夏の花というイメージを持っていたので、どうしたことだろうと首を傾げたりも。暑気が厳しすぎて休眠状態だったのでしょうか。
さっきのカリフォルニアローズも、このエボルブルスも、耐寒性の低い植物なので、冬越し対策をせずに放置すると消えてしまう可能性が高いです。まあ、ここは露地でアロエが育って開花するような暖地なので、厳しく冷え込まなければ特に対策しなくても冬を越せそうな気もしますが。

IMG_5239_1.jpg
ブータンルリマツリ。
秋口に購入。本来は低木に分類される植物のようですが、今はまだ小さいので草花のように扱っています。
何輪かがひとかたまりになって咲く花なのですが、一輪だけ咲いているものを。いや、単に他の房がもうしぼんでしまっていて他にまともな写真が撮れそうな枝がなかっただけなんですが。
一輪だけ単独で撮ると、エボルブルスとの差があまり伝わらないような。

他にもストック、チョコレートコスモスなどが開花中です。

posted by 霧原真 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。