2015年05月24日

ヘルメス開花

ミニバラのヘルメスが開花しました。

IMG_5184_1.jpg

相変わらずミニバラをアップで撮るとスケールがわかりにくいですね。
ヘルメスは、小さめの花をつけるバラです。
写真だといまいち色が浅くなってしまっていますが、もう少し深くて黒っぽい色です。
ダマスク系のバラらしい香りがあります。
端正な形、バラらしい香りが魅力的なバラです。

前日撮った蕾。
IMG_5177_1.jpg
こっちのほうが本来の色に近いかも。

ミニバラは購入したときに開花した状態だったので、もうこの春の花は終わったかと思っていたのですが、茎を伸ばし、蕾をつけたので、咲かせてみました。
ただ、あまり頑張らせすぎると株が弱ってしまうので、今度蕾があがっても秋までは咲かせないようにするつもりです。

他の花の様子も少し。

ビスカリア・ブルーエンジェル
IMG_5194_1.jpg
ちょっと珍しい色のビスカリア(コムギセンノウ)。
かわいらしいサイズで、花も好みなんですが、ちょっと行儀が悪いです。

先日も載せたペチュニア
IMG_5195_1.jpg
毎日よく咲いています。
ペチュニアは今がちょうどシーズンのようで、あちこちで見かけますね。


posted by 霧原真 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸 | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

寄せ植えがバトルロワイヤル

寄せ植えってありますよね。
何種類かの植物が同じ鉢に植えられているやつ。
なんとなくおしゃれで憧れますよね。

しかし、あれ、けっこう植物同士の相性が難しいようです。
シロウトが適当に寄せ植えすると、元気に育つものとだんだん弱ってくるものが出てきてしまいました。
今日はそんな寄せ植えバトルロワイヤルのお話です。

3月後半、旬の花をそろえて、寄せ植えにしました。
IMG_4929_1.jpg
うん、かわいいですね。
ピンクのローダンセマムを中心に、カラーリーフをあしらい、ミヤマホタルカズラのブルーを加えてあります。

1ヵ月半ほど経過した、5月16日の状態。
IMG_5125_1.jpg
明らかに真ん中の花が弱っています。上方のミヤマホタルカズラも微妙な感じに。
添え物だったはずのシロタエギクはなぜか巨大化。
シレネ(斑入りの葉っぱ)は普通に成長。スイートアリッサム(左の白い花)はそろそろシーズン的におしまい。

一応、水はけの好みや土壌の傾向(酸・アルカリ)くらいは考慮したはずなのですが、いまいち相性が悪かったようです。
シーズン的に中途半端だったので、2ヶ月くらいで解体することになるかとは思っていたのですが、思ったよりも早くに、大きな差がついてしまいました。
単独で植えられているよそさまのローダンセマムはこんなに弱っていないので、やはり勢力争いに負けたのでしょう。
植物たちの仁義なきバトルロワイヤルといったところでしょうか。うーん……

シロタエギクの勝利
ローダンセマムは負けてしまった


このままではローダンセマムが枯れてしまいそうなので、解体し、他の植物を加えて構成しなおしました。

日曜日に植え直したのがこちら。
IMG_5166_1.jpg

ローダンセマムとスイートアリッサムを取り去り、夏の花と入れ替えました。
中央の白い花はペンタス。暑さに強い夏の花です。
左下の緑の葉っぱはアメリカンブルー。名前のとおり、青い花が咲きます。
ミヤマホタルカズラ・シレネ・シロタエギクは引き続き採用。微妙に弱っている気がしなくもないミヤマホタルカズラが不安ですが、とりあえず頑張ってもらいます。
元気すぎるシロタエギクは株分けして半分の量にしました。
ローダンセマムは単独で他の鉢に植え、養生中です。

さて今度はどうなることやら。



posted by 霧原真 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸 | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

わたしにできること

某アニメのオープニングとは関係ありません。

少し前になりますが、「小説家になろう」のIDを取得しました。
それと、twitterをはじめました。

「小説家になろう」に登録したのは、自分が作品を発表したいというよりも、応援したい作家さんを見つけたからです。
読むだけなら別に登録はいらないのですが、評価したり感想を送りたいと思った場合には、登録が必要なようなので。
ただ、「新しいことをする」というのは意外に気力のいるもので、「やろう」と思いつつもけっこう長い間ためらっていました。

が、その応援したいと思っている作品が、「第三回エリュシオンライトノベルコンテスト(なろうコン)」の二次選考に残っていることに気づき、重い腰を上げ、ID登録して感想を書きにいきました。
どれほどの効果があるかはわかりませんが、目に見える形で支持を表明することによって、プラスになればと思ったからです。
正直、感想を送るのはとても怖かったです。
何か失礼をしでかしたり、重すぎるものをぶつけてしまって、先方の気持ちを損ねたり、やる気を殺いでしまったりしたら本末転倒です。作者さんに「この作品を書いてよかった」と思っていただくのが、一番の目的なので。

応援したいと思った作品は右さんの「図書館ドラゴンは火を吹かない」です。

「なろうコン」の最終選考に残った作品は書籍化されます。つまり、あと一段階残れば、出版社が出す紙の本になって一般の書店に並ぶことになります。
読む側としてもそれはとても嬉しいことなのですが、書き手さんにとっては、非常に意味のあることであるはずだと思います。
本屋に並んでいる「本」になることによって、普段ウェブ小説を目にしない人間でも手に取る可能性が出てきます。
それに何よりも、書籍化して売れれば、「対価」が入ることになります。

作品を生み出すのは、非常な時間と労力を必要とします。
持続して書き続け、ひとつのものを仕上げるのは、実はとても大変なことです。
でも、「趣味」として行っている限り、そこに対価は一切発生しません。
書籍化されたからといって、それだけで「食っていける」状態になるとは限りませんが、少なくとも無償の行為ではなくなるはずです。

昨日、「なろうコン」の結果が出て、「図書館ドラゴンは火を吹かない」(以下「図書ドラ」と省略)は残念な結果になっていました。

言うほどゆとりのある生活を送っているわけでもないので、あまり「なろう」の作品全般に目を通せているわけではありません。
なので、他の候補作と比較してどうなのかは言えないのですが、私の今までの読書体験のなかで判断してみて、「図書ドラ」は十分に魅力ある作品だと思うし、私なら対価を払って買う作品だと思います。

書籍化する側としては、「売れるか否か」が問題であるだろうと思います。
でも、一般的に売れるだろうと見込まれる作品が、必ずしも「私」の求めるものと合致しているとは限りません。
では、読み手として、何ができるのだろう。
そう考えて、次の結論に到りました。

心ひそかにひっそり楽しんでいるのではなく、「ここに需要がある」ということを見える形で表明しよう。

というわけで、twitterもはじめてみることにします。

うちのサイトやブログなど、最果ての地もいいところです。
集客力のあるコンテンツはありませんし、更新頻度も低いです。

それに比べると、twitterのようなSNSは、人目に触れる確率も高く、情報の拡散能力がずっと優れています。
実際、私自身も「図書ドラ」はtwitter経由で読むようになりました。

ただ、拡散能力に優れているだけに、使い方を間違うと恐ろしいことになりそうで、今まで手を出すのを控えていました。
諸刃の刃というか、考えなしに変なことしでかしたりしたら、応援どころかかえって先方にダメージを与えることになってしまいます。
自分がSNS中毒になりそうなのが不安だというのもあります。

たぶんそんなに頻繁に発言できないだろうし、相変わらず閉じた輪の中で過ごしてしまうかもしれません。
でも行動を起こさなければ、思いはあっても何も変わらないでしょう。
小さなものでもいいから、アクションを起こしてみたいと思いました。


posted by 霧原真 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

薄曇のアイスバーグ

今朝は薄曇で小雨がぱらつく天気でした。
こういう天気のほうが、くっきりはっきり晴れているときよりも、写真が撮りやすいようです。

今日のアイスバーグ
IMG_5143_1.jpg


IMG_5145_1.jpg

白い花は、日差しのきついときに撮ると白飛びしてなんだかよくわからない写真になりがちなのですが、今日はアイスバーグの透明感をうまく引き出せたような気がします。

以下、追記にて。
多少多めに画像ファイルを貼り付けてます。

続きを読む
posted by 霧原真 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸 | 更新情報をチェックする

チュチュ・オプティマ開花

台風一過、なんだかいきなり暑くなってしまいました。
ベランダに灼熱地獄の兆しが……

そんな中、ミニバラのチュチュ・オプティマが開花しました。

5月11日の時点では、こんな蕾でしたが
IMG_5113_1.jpg

5月15日にはこんな状態に
IMG_5120_1.jpg

すっかりぱっかん状態に。
平日モードだと、写真を撮り損ねることも多いため、一番かわいい時期を取り逃がしてしまったようです。むー……
今回のチュチュはやはり色が濃い目でしたね。
チュチュはどことなく透明感があり、愛らしいイメージです。
薄ピンク系の花に濃い目の緑の照葉と、コンスタンス・フィンとキャラがかぶりそうな気がしていたチュチュですが、フィン様が思った以上にゴージャスだったので、開花してみたらけっこう印象が違いました。
写真だけだとわからないものですね。

ちなみに現在のコンスタンス・フィン
IMG_5130_1.jpg

フロリバンダの本領発揮とばかり、わさわさ咲いています。
思いのほかに暑くなったせいで、一度水を切らしかけてしまいました。
その時に駄目にしてしまった花も少々……もったいないことをしました。
強香のバラとのことですが、たしかにかなり強い香りが、周囲にひろがっています。
窓を開けておくと、室内にもふんわりバラの香が入り込んできて、いい気持ちになります。
ミルラ香という種類の香りだそうです。
今までミルラ香のバラを育てたことがなく、ミルラ香の好悪についてはネットなどでも賛否両論だったので、どんな感じの香りなのか、少々不安を持っていました。
しっかりおしゃれをしている、きれいで上品なお姉さまの匂い、といったような印象の、華やかで甘い香りですね。
何か、化粧品で似た香りを知っているような気がします。

※2015年5月18日追記
コンスタンス・フィンが本当にミルラ香か自信がなくなってきました。
なんとなく、ダマスク香が混じっているような気がしなくもなくて。
コンスタンス・スプライという似た名前の大変有名なバラがあって、こちらは間違いなくミルラ香なので、混同されている可能性もあるような……


posted by 霧原真 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。